スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次verコンセプトメモ2

◆技能値 - Skill value 16種
 合計30Lv分割り振り。1LvUPにつき1Lv上昇させられる。

【白兵】体格
 白兵武器の取り扱いに関する技能。近接攻撃の命中率となる。
 また、判定値の1/2が受け率となる。

【労働】体格
 肉体労働全般に関する技能。

【射撃】敏捷
 射撃武器の取り扱いに関する技能。射撃攻撃の命中率となる。
 受けは行えない。

【運動】敏捷
 走る、飛ぶ、登る、泳ぐ、滑る、乗る等運動全般を行う。別名マリオ技能。
 運動Lv分回避率に足せる。

【隠密】敏捷
 身を隠し、気配を殺す技能。潜入や尾行等の判定に多用されるだろう。

【保安】知性
 機械的な罠や鍵などを初めとするセキュリティ関係を取り扱う技能。潜入や探索に使われる。

【生存術】知性
 釣りや採集などの野外での食料調達や、飲み水の確保。獣の知識。
 天候の予測。防寒知識。測量や天文学による現在位置の確認等のサバイバル判定全般。

【鍛冶】知性
 武器や防具、ツール等の製作や修理に関する技能。
 専門分野を決めると判定にボーナスが手に入るかもしれない。
 鍛冶Lv分、装備の財産pに足せる。ただし購入できるのは専門分野に関するもののみとする。

【貴人】知性
 領地経営。宗教儀礼。軍隊管理。作戦指揮。宮廷儀礼などの判定に使用する。
 専門分野を決めると判定にボーナスが手に入るかもしれない。

【学術】知性
 言語学や歴史学など、静的な知識に関する技能。書物や資料などから情報を得る際に使用する。識字率が低い世界であり、学術技能の無いキャラクターは読書きできない。

【事情通】知性
 経済や政治情勢など、動的な知識に関する技能。噂やゴシップなどの聞き込み等にも使用する。

【医術】知性
 医療行為全般に関する技能。内科、外科両方含む。とはいえ文明レベルが低いので消毒と包帯とか。化膿したら切断。まあゲームではそういう欠損プレイはなしで。
 戦闘の傷に対し、10分の時間を費やし医術判定に成功することで、[2D×医術Lv]のH.Pを回復させることができる。

【錬金術】知性
 錬金術に関する知識、技術。Lv分だけ霊薬を携帯できる。化学的な知識や毒物の取り扱いの判定に使う。
 学術、医術Lv以上に伸ばすことはできない。

【魔術】魔力
 魔術に関する知識、技術。Lv分だけ魔術を習得できる。魔術の発動率となる。

【呪術】魔力
 呪術に関する知識、技術。Lv分だけ呪術を習得できる。呪術の発動率となる。また、占い等の知識の判定にも使われる。

※魔法の素質は個人差が大きく、習得速度などはかなり差がある。体系化もされておらず、迷信や見当違いな理論が幅を利かせている。一方で、悪魔崇拝者たちはいとも簡単に魔法を習得できる。
 魔術・呪術併せて、[魔力?6Lv分]までしか技能Lvを割振ることができない。例えば魔力10であれば魔術4にしたらもう呪術はとることができない。魔力18であれば魔術6、呪術6が可能。
 なお、クヴェルや悪魔、魔族への縁故分、制限Lvを緩和できる。

【芸術】魅力
 歌、踊り、演劇、絵画、演奏など芸術的活動の判定に使用する。
 専門分野を決めると判定にボーナスが手に入るかもしれない。
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。