スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中の人のエステルプラッテ共和国興亡記

適当に書きなぐってみる。

◇承前
veirosが最初に自分のPCを持ったのは大学入学時。
東芝のノートパソコンでWindows95。HDDが2GBという、今考えると( ・∀・)アヒャ!なスペック。しかし当時はそれなりに愛用していた。
銀河獅子伝オンラインでリロードに5分かかって涙を呑んだりしたが、いろいろあってぶっ壊してしまった(Win98用のスキャナをInstallしたあたりから…)。

その後購入したのはNECのWindowsXP/Home。これはデスクトップでRO三昧の毎日。今の職についてからはもう一台NECのWindowsXP/Proを購入。これもデスク。

で、ノートPCが欲しかったし、iPodでアップルに興味があったし、仕事でMacintoshに触る機会も多かったのでWinVistaではなくMacBook(OSX 10.4.10)を購入してみた。

◇発端
Macの世界は想像以上にゲームの無い世界だったorz
そこでOSに依存しないゲームということでブラウザゲームを探す事に。
ブラウザゲームといえばソールドアウトか箱庭諸島だなあと。Wikipediaで箱国の存在を知り、プレイヤーがそれぞれ国家ブログ等を立ち上げているのを見て「trpgの様だ」と興味を持ち、参加申請してみた。

◇参加
国名や元首名はかなり悩んだが、『東欧っぽい国で元首は東欧美少女』というアレなコンセプトだけは決定していた。
Wikipediaのポーランドの項を読んでいて「第二次大戦はドイツ軍によるダンツィヒ(クダンスク)のヴェステルプラッテ岬への攻撃が発端」というフレーズから、『エステルプラッテ共和国』というネーミングが決定した。首都はクダスニク。クダンスクではないw

エレオノーラ・カザン首相というネーミングは適当。確かシュヴァルツシルトIIIのイノン共和国の女性首相がアリミスト・カザンとかいった気がする。パーシオン・ミクトネス・ヴァルダムなどの大国に翻弄されるヒロイン役国家。

さて参加申請が受理されると箱国の圧倒的に多い情報量に翻弄された。
正直言ってマニュアルは信用ならず手探り状態だったし、国際会議場(BBS)は何かの戦後処理をしていたり、シェイフィナリアに三洲軍が駐留するとかで揉めていた。
参加して数日は積み重ねられたローカルwikiの歴史の項やBBSの過去ログを読みあさるのに費やされた。その上各国の国家ブログの過去ログも読む必要があったのだ……。
自己紹介フォーラムではtrpg経験者が数人おり、またHoI2の話もできた。

当時は共産陣営がかなり劣勢に追い込まれており、SISA同盟の一強体制に思えた。
自分は弱い勢力についてボコにされるのが好きなマゾなので共産陣営に接近しようと決定。ポーランドやチェコスロバキアもワルシャワ条約連盟だし。
共産陣営のヤードゴニエに接触すると資金援助や内政アドバイスを頂く事ができた。
同時期に自分も国家ブログを立ち上げ。ブログ名は『エステルプラッテ首相官邸』としたが、数日後気がついた。「報道ブログなんだから新聞社名にすればよかった……」
ともあれ、このブログがエステルの運命を変える事になった。

◇思想転向
ブログは当初「映像の世紀」風にモノクロ写真を使い、時代がかったナレーションとモノローグでいこうと思っていたのだが、HoI2プレイヤーでもあった自分はHoI2WikiのAAR風にカザン首相と閣僚たちの会話形式で記事を書くようになった。
どうもこれで他のプレイヤーの目を引いたのか、グレートレイリルから熱心なアプローチを受ける事になる。
ヤードゴニエとグレートレイリルは共に上位の列強国で、BBSやblogではぶつかり合ってはいないようだが、イデオロギー的には相容れない。一方に接近すればもう一方とは微妙な関係になるだろう。両者の間で綱渡りするような器用な性格ではないので、どちらにつこうか迷った。さらにいえばグレートレイリルのちゅるやさんアイコンが可愛かった(ぉぃ

ということでエステルで内戦を起こしてみたが、グレートレイリルが介入。また、資本主義同盟のSISAが解散し、FCCとなってグレートレイリルand三洲の勢力も減じたので共産でなくてもいいかと判断。内戦は国民党勝利ということにした。

しかしFCCへの加入はしなかった。まず、地理設定的にディルタニアとフェイルディラシアの違いという障害があったし、ヤードゴニエとの関係悪化を避けたかった(援助というのは無形の鎖である。援助してくれた相手に敵対するのは心理的抵抗がある。ということで基本的に援助は嫌い)。さらにシェイフィナリアから新同盟の立ち上げの話がきたからである。教皇領は設定的にいろいろ協力して貰ったし、BBSでもそれなりにアクティブな様なので承諾した。

◇シオン戦争
初陣。シオンも無謀だったが、エステルもかなり無謀というか愚かだった。なにしろ防空レーダーサイト無し、航空機無しの状態で参戦。
シェイフィナリアの援軍として参戦したはいいが、参加した次のターンには政府崩壊。無政府状態になって暴徒が暴れ回り、「可哀想だから追い打ちはやめた」とかいう状況。燃料貯蔵施設が暴徒に破壊された時は泣いた。

◇現在 - 宗教対立
突然表面化したパロンシュレイヒ教とメトラ教の対立。
エルテメルカーンはエステル的にはあまり目立たない国家だったが、メトラ教の急速な拡大には正直驚いた。恐らくは水面下で活発な対シェイフィナリア交渉が行われているのだろう。うがー、嫌だな。

そういえば政治地図を削除してしまったのでここに再掲。

スポンサーサイト

Comments

シオンが仕掛けた戦争じゃないもん!!
三洲が仕掛けた戦争だもん!!
シオンは無謀じゃないもん!!(笑)

さんしゅー帝国主義だからしょうがないですな。
そういえば核とか核とか使ってた気も。

さんしゅー帝国主義と虐殺者は核攻撃と、シオン国非戦闘員に対しての無差別爆撃に終始しております。偉大なシオン軍は自衛のための戦闘を念頭においており、シオン国の敗北が確定するまで、さんしゅー帝国主義の本拠である西京政府所在地と及びその防衛施設のみを目標に攻撃していたのであります。結局「侵略する事火の如し」の悪魔の化身、紫苑陸軍(笑)がさんしゅー帝国に上陸し、陸軍基地とてーこく主義者どもを懲らしめたのでありますが、結局叩き潰されました(汗)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。