スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AD大戦略 - 西方電撃戦:ファル・ゲルブ

※成績が悪い為か北欧侵攻フラグが立ちませんでしたorz

ドイツ軍ですが変態的な戦力差で勝てません。

◇1940年5月10日 低地諸国

( ・ω・)「マップが大きすぎる。攻略の糸口が掴めないぞ」

( ・ゝ・)「とりあえず地上攻撃は陸戦部隊に任せて戦闘機を全機発進。制空権確保の方針で」

( ・ω・)「敵航空機がめっさこわいしな。ノンリセットなんだから安全第一で。戦闘機でも機銃掃射くらいはできる」

( ・∀・)「アルデンヌの森ってことで爆撃も効果薄そうですしね」

( ・ω・)「陸の方は三号戦車を増産するかー。しかし敵味方でユニット数が200を越えてるみたいだ。敵ターン終了を待つだけでもだるいな」

味方:ドイツA軍集団、ドイツB軍集団
敵:イギリス海外派遣軍、フランス第1軍集団、フランス第2軍集団、ベルギー王国、オランダ王国、ルクセンブルグ大公国

合計8勢力。

( ・ゝ・)「取り敢えず今日はマップと睨めっこして進行ルートの策定ってことで」

( ・ω・)「オランダベルギーをB軍集団に任せてフランス直撃でもやってみようかな?」





( ・ω・)「ぬぉぉぉぉ? 効果範囲7ヘクスの遠距離攻撃が毎ターン飛んでくるぞ!」

( ・ゝ・)「制空権は我が方ですが砲撃で三号戦車部隊が壊滅的な打撃を受けています」

( ・ω・)「一体どこから撃ってきているんだ? 止める事はできないのか」

( ・∀・)「ぁー なんかあのでっかいトーチカ、マジノ線ってかいてあるにゃー」

( ・ω・)「……」


---10/9

人生で最も貴重な瞬間。それは決断の時である。
AD大戦略は我々に平和の尊さを教えたが、また、生きる為の教訓を数多く残している。


( ・ω・)「なんでフランス歩兵はこんなに強いんだ……」

( ・∀・)「アルデンヌの森を抜けたところで勝った!と思ったんですけどね」

( ・ω・)「今日はもうやめようorz」
スポンサーサイト

Comments

空挺と航空攻撃でマジノ線を黙らせるのです!三号戦車とチェコ戦車がなければ、フランス軍戦車隊に対抗できません。

 状況が良く分からないのでなんとも言えませんが、作戦目的が敵司令部の占領or破壊ならば、広大なマップを生かして、戦車主力と機械化歩兵を強力な戦線から迂回させて司令部占領してしまうのも良いかもです。
 地域の制圧は対戦車砲部隊や歩兵に任せてしまいましょう。

迂回が正しいみたいですね。
まあ敵さんの初期が分かれば何とか……って



……あ、あれ?
北欧侵攻どころか、チェコ侵攻フラグも立ってねえええええええ

チェ、チェコ戦車無しッ!?(汗)

戦史ではドイツ軍はベルギー領を急襲して北方攻撃を中心に見せかけて連合軍を北方に誘き出し、その隙に主力をアルデンヌから突破させたとか在るけど・・・・・暫く囮で以って敵部隊を一方に誘致拘束してみては?

友軍ドイツ軍がオランダ、ベルギーを攻めて陽動してますねー。
軍資金はたいて戦闘機作りまくろうと思案。ハエどもを全てたたき落とすのじゃーorz

しかしこのままでは確実にロシアの土になるorz

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。