スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不退転の決意でSF TRPG をデザインしてみる。その4

超能力データ案(全て仮

◇種別について
パッシブ:常時起動しっぱなし
アクティブ:1手番と1精神力を使用。
リアクション:1精神力を使用。手番消費しない。

◇戦闘について
1:格闘、火器、超能力の3つの攻撃手段が存在する。
2:格闘、火器、破砕、転移に対してはQuickness×2を回避率とする。
3:感応、電脳に対してはIntelligence×2を回避率とする。
4:ちなみに回避成功か直撃かしかない。
5:格闘は間合いを詰めなければならない上に火器と同等のダメージ。ただしクリティカル値が多少高い。超能力は使用回数がある。

◇Attributeについて
6、8、10、11、13、15の数値をそれぞれのAttribute(Build、Quickness、Technical、Intelligence、Charm、Knowledge)に割当て。その後7点の自由割振点を割振る。最大18。

【Break / 破砕】
・テレキネシス
種別:パッシブ(ほぼ演出)
範囲:自身、物品一つ
効果:手を触れずに物体を動かすことができる。自身を数十センチ浮かせることも可能。

・ライトニングシュート
種別:アクティブ
範囲:対象or対象とその周囲
効果:電撃を放つ。アーマー無視で2D×8のダメージ。ロボットに対しては2D×10のダメージ。

・パイロキネシス
種別:アクティブ
範囲:対象or対象とその周囲
効果:恐怖の人体発火。アーマー無視で2D×8のダメージ。人間(サイキック及びデスサイキックを除く)に対しては2D×10のダメージ。

・アブソリュートゼロ
種別:アクティブ
範囲:対象or対象とその周囲
効果:温度を下げる。アーマー無視で2D×8のダメージ。ミュータントモンスターに対しては2D×10のダメージ。

・ダークエンブレイス
種別:アクティブ
範囲:対象or対象とその周囲
効果:マイクロブラックホールを投げつける。アーマー無視で2D×8のダメージ。サイキック及びデスサイキックに対しては2D×10のダメージ。

【Teleport / 転移】
・ブリンク
種別:リアクション
範囲:自身
効果:一度だけ回避率に+50%。回避成功後、間合いを詰めるor離すことができる。

・テレポート
種別:アクション
範囲:自身and接触者
効果:一瞬にして空間を移動する。転移先を詳細にイメージする必要がある。

・ディフレクション
種別:リアクション
範囲:火器攻撃一つ
効果:自身に向けられた、火器による攻撃を攻撃者に跳ね返す。

【Shield / 防護】
・シールド
種別:リアクション
範囲:個人
効果:アーマ値適用前のダメージを1/2にする。重ねて1/4、1/8にすることも可能。

・レジスト
種別:パッシブ
範囲:個人
効果:自身の周囲に障壁を張り、真空、水圧、気圧、高圧電流、高温、低温、放射能全てに適応する。Breakの攻撃は軽減できない(シールドを使ってくれ)。
(基本アーマー値もあがった方が良いか?)

・フォースフィールド
種別:アクション
範囲:自身andその周囲
効果:1ターンの間、自分とその周囲のアーマー値を上昇させる。
また、レジストの効果を味方全員に及ぼすことができる。

・リクレクトミラー
種別:リアクション
範囲:個人
効果:Breakによる攻撃に対し対抗判定。勝てば攻撃を攻撃者にはじき返す。

【Telepathy / 感応】
・テレパシー
種別:アクション
範囲:個人
効果:対象の表層思考を読む。サイキック以外は心を読まれたことに気がつかない。

・エンパシー
種別:パッシブ
範囲:自身
効果:サイキック、デスサイキック、あるいは強烈な感情を持つ人間のおおよその数、強さ、方向を感じることができる。

・ウィスパー
種別:アクション
範囲:個人
効果:対象の精神に直接囁くことができる。
攻撃的に使うことで、対象は数手番(1D10くらい?)の間超能力が使えなくなる。

・マインドブラスト
種別:アクション
範囲:個人
効果:対象を気絶させる。ただしロボットには効果がなく、サイキック及びデスサイキックに対しては精神力を数点削るだけである。
対象には副作用として記憶の欠落や混乱が発生したり、恐怖症や幻覚等のPTSDに陥る可能性がある。

【Electrokinesis / 電脳】
・01フィーリング
種別:パッシブ
範囲:自身
効果:コンピュータ技能の判定成功率にElectrokinesis Lv ×10 の修正を与える。

・偽造ID
種別:アクション
範囲:IDカード1つ
効果:IDカードが必要な局面を切り抜けることができる。
レッドIDは5回、イエローIDは4回、グリーンIDは3回、ブルーIDは2回、ホワイトIDは1回で使用不能になる。

・ブレークダウン
種別:アクション
範囲:ロボット1体or電子機器1つor乗り物1台
効果:電子基板に干渉し、即座にその機能を停止させる。

・ジャミング
種別:アクション
範囲:シーン全域
効果:妨害電波を放ち、通信を妨害したり電脳的な追跡を撒くことができる。
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。