スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Majeセッション『The Prisoner』

異空間に閉じ込められた女と男の物語。
現在絶賛プレイ中。
午前2:00終了。生存者無し。

続きを読む »

スポンサーサイト

Majeセッション「The Dominator」

2007/09/23Majeオンセ。txt形式生ログ

箱国ルートでプレイヤーを調達。PL2人。
悪魔が居候しにきたので撃退するシナリオ。21時半?27時の5時間半。
終盤眠くなってきたのでやはり24時で一旦切った方が良かったかもしれない。

続きを読む »

Majeセッション「The Venomous Snake」

2007/08/26Majeオンセ。txt形式生ログ

初対面のPL2人を相手にプレイ。とりあえず導入編。
---
2007/08/27 終了までプレイ。

続きを読む »

MajeTRPG プレイレポート

◆Majestic Stand TRPG プレイレポ
 ナルミ氏ソードワールドの後、時間があったのでMajeを始める。Maje初体験の一年生がいたので早速キャラクターを作らせる。アドバイスもほぼ必要なくすんなり作ってしまう一年生。なかなかやるな…。

◇シナリオ進行。
 とある領主様の都市にたどり着いた神官戦士とその相方の小妖精。その街では狂気の領主により毎日ギロチン処刑が行われていた。領主お抱えの鍛冶師PCは領主と愛する妻(領主の姪、錬金術師)の異変を感じるが見なかったことにする。
 神官戦士は武具の修復のために鍛冶師と知り合うが、鍛冶師の妻から邪なオーラを感じ取る。しかしよく調べられぬまま宿に戻る。宿では領主or妻の差し金か、衛兵がやってきて神官戦士を追い詰めるが衛兵を攻撃して逃走する。
 鍛冶師は妻が怪しげな研究に没頭し、若返りの薬と称して血のような赤いポーションを鍛冶師に勧める。疑いもせず飲み干す鍛冶師。だが領主が処刑した罪人の血が材料であると予感する。日々バケモノに近くなる領主、美しくなる妻。
 神官戦士は隠れ潜んだ空き家で領主に恨みを持つ騎士と出会い、領主は人食いのバケモノであると確信。鍛冶師の工房に潜入し、錬金術の研究部屋に忍び込むが、見つかり、神官戦士と鍛冶師は対立する。
 その後領主を暗殺するために神官戦士は領主の館に忍び込むが、またも鍛冶師夫妻と遭遇。その頃には鍛冶師は妻を溺愛状態になっていた。問答の間に人食いのバケモノになった領主が登場。
「暴力はいいぞ暴力は」などと北斗の拳チックな台詞とともに戦闘開始。第一ターンの神官戦士のクリティカルで領主はH.Pの半分を削るが、後が続かず、窮地に陥る。鍛冶師は戦闘を傍観。神官戦士と小妖精は満身創痍になりつつ領主を倒す。
 追い詰められた妻は鍛冶師を魔物に変え、神官戦士を襲わせる。鍛冶師PCもノリノリ。奇しくもラスボスとなった鍛冶師は張り切って戦うが、ダイス運などに恵まれず、あえなく夫妻死亡。
 一年生にとっては『Maje初体験でBOSS化して死亡』というアレな展開に。まあどんなゲームかは理解していただけたと思う。
 ちなみにシナリオベースはベルセルク第二話だが、あとはほぼアドリブ。

ナルミ氏ソードワールド・プレイレポ

◆ナルミ氏ソードワールド

 初マスタということでお手並み拝見する。
 ちなみにこのルールはあまり気分が乗らず、前日友人に愚痴ったのは内緒だ。

◇PC:ユリーシャ・エルツ・マンネルヘイム
 19歳。シーフ3、ソーサラー1、セージ1、サーヴァント3。単独行動仕様。
 武装はショートソード、ナイフ、メイジスタッフ、ソフトレザー。魔法盗賊。ただし用意したイラストは見事にメイドさんである。
 とりあえず向かいの席に座っていたソーサラーのお嬢様がいたのでその使用人という設定を取り付ける。

◇シナリオ経過
 とある王国の貴族の親衛隊をしていた御一行様(作成時から全員知り合い)。叛乱軍によって都が落ち、貴族の国外逃亡を助ける逃亡系シナリオ。
 貴族のPCがレンジャー4。恐らく狐狩りにうつつを抜かしていたと思われる。彼をリーダーに、重戦士のPCと魔術師のお嬢様、使用人の俺と4人で魔の森を越えて隣国に逃げる。

 自分がマスターなら追っ手を放ったNPCと貴族PCの因縁を演出するなあ。と。叛乱前に貴族PCがNPCに屈辱を与えた回想シーンをいれるとか。

事件1:ジャイアントラットが襲ってくる。
 →2ターン程度で楽に蹴散らす。正直時間の無駄。
 自分がマスターであれば追っ手の下っ端にするなあ、と。それなりに強敵にして、形勢が悪くなると「隊長に報告だ!」とか言いつつ逃げるとか。

事件2:雨が降り、雨宿りできる洞窟発見。洞窟の中でアンドロスコルピオ(サソリの化物)と戦闘。
 →トラップ? により炎に囲まれたシチュエーションは良かったが、シナリオ本筋とは全く関係ないのが難。
 炎に囲まれたお嬢様を機転を利かせて救出した俺カコイイ。

事件3:森の中で民家発見。謎の老婆の歓待を受ける。
 メイドさんらしく部屋を片付けたりすると魔晶石を頂く。
 飯も貰い、ぐっすり寝て、旧街道の情報も貰って別れる。

事件4:森の中の廃屋で睡眠中、追っ手に襲われる。
 →相当なてだれの敵騎士が二人、暗黒司祭が一人。
 追っ手が登場したのはこれが始めて。特に因縁も会話などもなく戦闘。敵には名前も無かった様子。
 まきびしで牽制したり、魔法できらめく短剣で殴ったり、ナイフを五本一斉に投げつけたり、足をかけて転がして組み付き押さえつけて喉を掻っ切ったり、杖から光の矢を撃つ等シーフらしい演出をするよう心がけた。まあデータ的には弱かったけどね。
 敵の回避率が非常に高く戦闘は長引いたが、撃破。捕虜にして情報などを聞き出そうとすると、奥歯に仕込んだ毒のカプセルを噛み砕かれて死亡する。一体何で死ぬんだ。

事件5:吊り橋を渡ってEND
 →なんかちょっと刺激したら吊り橋が落ちる。
 いや確かに落ちるのはお約束だけどさ。落とさずに無事渡れるようなパターンは無かったのかしら?

◇シンクロ率:70%
 お嬢様をお護りするメイド、、というより騎士っぽい感じ。
 単独行動はする機会が無かったが、それなりに印象のあるキャラだったと思う。

◇マスタリングについて
 本筋と関係ない事件はほどほどに。だらだら何時間もやるより、短時間で密度の濃いシナリオのほうが大抵は面白い(今回だれるとかはあまり無かったが)。

【Marionette strings】終了

死者ゼロ。なんて優しいますたー。
しかしライムチャットの設定ミスによりログが途中からしか保存できなかった_| ̄|○
ログ上限がデフォで1000行とか聞いてねえよ……。
今回はシナリオメモもうpしてみた。アドリブでガンガン改変されていった形跡が見て取れなくも無い。

【懐かしの】カープス・ルナル

またGM(゚Д、゚)…
GMばっかやねん。GMばっかりやるとファシストになるお@@;

ということで揉めたシーンがあったので抜粋。
悪魔信者の疑いをかけられたNPCに<精神探査>。
しかしNPCには<不信>がかけられている。

00:33 (GMv) とりあえずリグはしつもんどうぞ
00:34 (GMv) 漢字もOKですよ
00:34 (rigu) 『カルトの一員ですか?』
00:34 (GMv) 『いいえ(嘘』
00:34 (Albrecht_) 「………」
00:34 (Fai) ぴったり10字w
00:34 (rei) うーわー
00:34 (rei) リーフェルちゃんどんどん追い詰められてるw
00:34 (Fai) いや、意識の中で答えるから、いいえ、って答えはないようなwまあいいかw
00:35 (rigu) あのう、この質問には誠実に答えるとあるんですが…
00:35 (GMv) OK
00:35 (GMv) いいえ
00:35 (rigu) ですから、嘘ではなく、正しいなら『はい』と返ってくるはずです
00:35 (Fai) いや、誠実というか正直に
00:35 (Fai) 嘘は出ない。あの魔法に関しては。
00:35 (rigu) うん
00:35 (GMv) “いいえ”である
00:35 (rigu) というか嘘はつけない
00:35 (GMv) 実に疑わしい
00:35 (GMv) 嘘だと確信できる
00:35 (rigu) いえ、ですから
00:36 (GMv) うん
00:36 (GMv) でもね
00:36 (rigu) ?
00:36 (GMv) 魔法ってそういうわけのわからないもの
00:36 (GMv) いろんなものに干渉されて
00:36 (rigu) いや、ですからね?精神探査の呪文ではいいえ、って答え自体が返ってこないんですってば
00:36 (GMv) いつもはっきりくっきりでるものではない
00:36 (rigu) そういう呪文なんですけど
00:37 (rei) えーと、落ち着こうw
00:37 (GMv) OK
00:37 (rigu) >はっきりくっきり
00:37 (GMv) ではいいえ
00:37 (rei) 『精神探査では嘘の答えが出ない』 
00:37 (rigu) つまり、彼女はカルト教団の一員ではないと
00:37 (GMv) でも“君は”それを信用できない
00:37 (Fai) ああ、そっちのが分かりやすいな。>嘘の答えが出ない
00:37 (Albrecht_) ……GM、それがわからない
00:37 (GMv) うそではない
00:37 (rei) いや、それだとね
00:37 (rigu) うん、分からない
00:38 (GMv) そんなこんがらがる事態が起きている
00:38 (Albrecht_) 『嘘の答えが出ない』なら『いいえ』と出るなら、それは嘘じゃないってことでしょう
00:38 (rei) リグのほうに何か問題があるとしか解釈できなくなるんだけどw
00:38 (Fai) 深層意識を知る、だから、読み取る=嘘をつくという意識が起きない。知識として知ることができる。
00:38 (Fai) ・・・・・・・あー?
00:38 (Fai) もしかしてさー
00:38 (rei) つまり、GMのいう事をそのままいうなら
00:38 (Fai) のっとられてる可能性?
00:39 (rei) 『リーフェルはカルトに関わってない、と答えた』
00:39 (GMv) うん
00:39 (rigu) では『貴方はリーフェルなの?』
00:39 (rei) 『でも、リグはそう聞いた自分信用できない』
00:39 (GMv) そのとおり
00:39 (Albrecht_) なんだっけなあ
00:39 (GMv) reiの解釈でOK
00:39 (rei) 『この魔法の結果は絶対である』
00:39 (rei) 『となれば、リグがおかしいと感じるほかの要員が混ざっている』
00:40 (rei) 『その問題リグにあるのか、リーフェルにあるのかは今の所未確定』
00:40 (Albrecht_) なるほどお……まあ、俺はIQ10だからな(マテ
00:40 (rei) ってことで?
00:40 (GMv) yes
00:40 (rigu) ふむ

GMに反抗的なひとは粛清の対象になります@@;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。